ユダヤとは 何であり、どう有ろうとする者達か?ユダヤを知る為には、人間のあるべき姿について理解する必要がある
ユダヤとは
HOME ユダヤとは

日本とユダヤ

未来のユダヤ

ユダヤの欠点

プロフィール
金持ちマインド
 豊かであることは快適だ。
それで全ては解決できない
がおいしい物は食べられる。
Mail Adress
稲穂黄金TOP







お問い合わせ
ユダヤとは
 ユダヤとは何であるのか?彼らは何に価値を置き、何を求めて生きるのか?
 そして彼らはどこへ向かうのか?
 その意味について真に語られることはなかった。

  
● ユダヤを語る前に知っておくこと 

 ユダヤを語る前に知っておかなければいけないことがある。
 それは
人間とは何であるか?である。

 そのことを理解する必要がある。
 正確にいえば、ユダヤ人にとっての人間とは何であるか?ということである。

 人間とは何であり、何を成すことが必要なのか、その意味を知らなければ
 ユダヤの本質を理解することは決してできない。
 ユダヤを語る前に、この理解がぜひとも必要である。

 ユダヤ人にとっては
理想の人間像がある。
 ユダヤはその人間の有り方を問い、近づこうと実践してきた人々ではある。
 もちろん、長い年月の間に、人間の理想の有り方も本来の姿からは大きく
 離れてはしまったが現代のユダヤ人にとってもその姿は有り続ける。

      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金の未来の人間へ
        稲穂黄金の未来の社会学者へ



 
● 人間とは何か? 

 ここで述べる人間とは、ユダヤ人の理想の人間像に限らず、人類全般にとって
 も理想の人間像である。この人間像を理解することが何より大切である。

 人間とは以下である。
 
天に連なる霊性を持ち大地を恋する肉体を有する者。
 その人間がこの大地を生きる。
 これこそが本来のユダヤの理想像であった。
 だがユダヤの理想像も長い時を経て大きく変化してしまった。

      動画           テキスト


 ● 天を知る霊性 = 神なるものに通じる@

 天に連なる霊性とは、まさに神と交流できる霊性のことである。
 人間は本来、神の友人のごとくであり神なるものを既に理解している。
 何に価値があるか(上なるもの)を知っている。
 それがわかるからこそ芸術がある。

 これは
人間の内にも神が存在する、神が宿るなどと表現されてきた。
 このことは古今東西の偉大な文明の生きる人々は当然のように理解し、また
 真に感じて日々を過ごしてきた。
 また古今東西の優れた宗教や芸術などで様々な形で表現されてもきた。
 例えば優れた宗教であるヒンデュー教の信者の間では、当然のように人間の
 中に神の姿をみている。

      動画           テキスト


 ● 天を知る霊性 = 神なるものに通じるA

 真に偉大な芸術は人間の内面に宿る神なるものにスポットライトを照らす。
 それゆえ、もっとも偉大な芸術作品を残している古代ローマの芸術の数々が
 その対象にしているものは人間である。

 古代ローマの芸術があれほど美しいのも、人間の神なる部分を素直に
 表現している為である。
 
偉大な文明は必ず人間の内に神なるものを見出すのだ。
 古代ローマをはじめ、ルネサンスも人間回帰である。
 人間の内に美を発見することにある。

      動画           テキスト


 
● 神なるもの = 上なるもの

 天に連なる霊性とは神と交流する霊性のことだと述べた。
 つまり神が価値を置くもののその価値に理解を示し通じることにある。
 これが
上なるものの意味である。

 上(うえ)と書いて神。神様がこれは他のこれよりも上位の価値があると認めて
 いることをそのまま素直に受け取ることにある。
 
上なることは、神なることなのである。
 これを日本の神道は素直に表現しているし、世界中の偉大な文明においても
 理解されてきたことである。
 特に古代人は、このことを教わらなくても多くを理解していたのだ。
 現代の人々は、古代の人々にはまったく及んでいないのだ。
 人間のレベルは、古代人の方が現代人よりも圧倒的に優れていた。

      動画           テキスト


 
● 大地を恋する肉体

 我々人類は確かに動物でもある。
 正確には我々人間は
動物から血と肉を借りているのだ。
 動物は大地に根ざしている。
 その動物から肉体を借りた人間も、その体は確かに大地に恋をしている。
 我々の肉体は、大地に沿った欲求を宿している。

 天の霊性をその内部に有し、大地を恋する肉体を有しているのが人間である。

 実際に人類の発生には動物と大きく関わる。
 人間はある時期に、尾のない猿(原人)の血と肉を利用してこの地上に現れた。

      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金の未来の生物学者へ
        稲穂黄金のショーペンハウアー



 
● 霊性と肉体の葛藤@

 天に連なる霊性と大地を恋する肉体。

 天に連なる霊性は、この世にあっても人間が神なるものを表現することを
 求められていることを物語っているかのようである。

 この世界で力強く生きる為に大地を恋する肉体は確かに
心強い味方である。
 動物の肉体と血は確かにこの大地で生きるのは心強い。
 なれど
欠点も存在する。
 我々の
肉体は大地を恋するが時に執着するからである。

 我々は確かにこの大地において天に連なる霊性、上なる(神なる)ものを体現
 しようと努めてはいる。しかし我々は肉体をもったがゆえに、毎日ご飯を食べる
 必要もあるし、安全な環境を必要とする。快適な生活もあるに越したことはない。

 大地を生きる上では肉体は切っても切れないものある。
 だが肉体は大地に執着する。多くの欲求は確かにこの体と結びついている。
 
時に強烈な鎖のごとくなり、我々を縛りつけ、神なるものとの通い路に
 蓋(ふた)をするのだ。


      動画           テキスト


 
● 霊性と肉体の葛藤A
 
 霊性の高みを求める多くの修行僧や宗教家が何度も対決してきたのもこの
 肉体の欲求である。

 食欲、性欲、自己顕示欲、様々な欲求
がこの体と結びついている。

 だからこそ肉体について様々な解釈がなされてきた。
 肉体は穢れたものであると判断されたり、またはその反対に肉体を肯定する為
 の教えも多数でたりした。
 肉体への関心はこの地上を生きる人間には切っても切れないものだ。

 この欲求がこの大地に生きる人間を力強く支えてきたもの事実であるし、また
 その反面、この欲求の強さが時に人間から天に連なる霊性を忘れさせようと
 働くのも事実であった。

 霊性と肉体の間に葛藤があり、その葛藤を持ちながら人間同士が集い
 共に生きるのが人間社会であり、その中で生きるのが人間である。
 これらを含めて人間である。

      動画           テキスト


 
● 霊性と肉体の葛藤、そして聖書@

 霊性と肉体の葛藤は世界各国で様々な人々の間で意識もされ、さまざまな
 表現で語られてきた。
聖書においてもそうである。

 
アダムとイブの知恵の実の騒動である。
 アダムとイブが楽園において、神から食べることを禁止された知恵の実を
  食べたことにより楽園を追放されたことも、それを物語っている。


 我々の知性にとって
肉体とは必須の前提条件である。
 我々の知性の形式の一部に肉体は欠かせないものである。

 この点について詳細に見事なまでに説明したのが
スウェデンボルグである。
 ヨーロッパが誇る世界第一等の神霊家である。
 スウェデンボルグは、霊界を自由に何度も行き来したと言われている。

 科学や文学、哲学などあらゆる学問に通じていたスウェデンボルグ。
 そのスウェデンボルグがある時期を境に神霊世界との関わりを強めた。
   
 
ヨーロッパに突然のごとく現れた神霊家スウェデンボルグ

 スウェデンボルクはこう述べている。
 
アダムとイブは知恵の実を食べることを禁止されていたわけではない。 
  事実は、知恵の実を食べ過ぎてはいけないと神から忠告されていた。

 つまり知恵の実を食べたことではなく、知恵の実を食べすぎたこと、人間が
 知恵を取得することに傾きすぎたことを戒めていたのだと述べた。


      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金のスウェデンボルク



 
● 霊性と肉体の葛藤、そして聖書A

 聖書に記載されているアダムとイブの知恵の実の騒動は以下のことを表す。

 人間は天に連なる霊性をもっている。それにより神と交流する。
 しかし人間は大地に生きている。大地を恋する肉体の力を借りて大地で
 生きている。その大地では時に容赦なく人間に多くの苦難が襲いかかる。
 現実はいつもそう甘くはない。自然は確かに人間を滅ぼさないが、救いの手を
 差し出すこともない。
自然は無慈悲である。

 その大地において確かに肉体は役にたった。
 特に肉体を必須とする知性はなによりも人間の身を守った。
  その為、いつの間にか人間は神との交流(霊性)することよりも知性を手に
 いれることを重んじるようになった。
 大地で生きる手段が目的に変わった瞬間である。

 アダムとイブが知恵の実を食べることは許されたが、食べ過ぎてはいけないと
 神から注意されたのはこの意味であった。

 こうして
人間は神との交流を怠り、その為に霊性は鈍り、知恵(肉体)
 を大事にしている内に、神との交流そのものの存在を忘れた。

 
 このことがアダムとイブが神の楽園から追放されたことを象徴しているのだ。
 神は人間のアダムとイブを追放してはいない。
 真実は
人間が勝手に神の楽園から去っていったのだ。

      動画           テキスト


 
● 天を知り、地を知り、人を知る=天地人

 
 天を知り、地を知り、人を知る
 天の霊性をもつ人間、大地を恋する肉体を有する人間。
 それらの人間が集まって暮らせば多くの問題が起こる。
 なれどその上で人々が、多くの問題に対処しながら、相和して暮らせるならば、
 和をもって人心をつなげるならば、これに優るものはなし。

 この言葉は、国家の為政者や衆生を救う宗教家は特に重要であるが
 これが出来る国は歴史上でもほとんどないのである。
 古代ローマがこの利点をもったがゆえに圧倒的な文明として存在した。
 真に至れば、人間の欠点に対して許しも生まれる。

 真に優れた為政者や宗教家は、まさに天を知り、地を知り、人を知っていた。
 もちろんその理解のレベルも様々ではあった。だが実践していた。
 でなければ人を真に導き、救うことなど到底できないのだ。


      動画           テキスト


 
● 霊性と肉体の葛藤、そして神と仏

 天なる霊性を尊重し、大地に恋する肉体を利用する上で人間には多くの葛藤が
 生まれた。
  天なる霊性を常に第一に求めることが上なる(神なる)ことである。
 だが実際に、人間はこの大地に生きている。
 上なるものへ近づこうとしても大地の欲求が絶え間なく我々人間に迫ってくる。
 食欲、性欲、自己顕示欲が直ぐに目を出し始める。
 さらにこの大地の現実は我々を休ませない。
 この世界は欠乏の世界である。
 我々人類はこの欠乏の世界に生きて、いつも対応に追われる。
 それによって人間は、上なる(神なる)有り方を忘れることがあるのだ。

 その為に人間には
許しが必要であり、仏が求められた。
 神なる(上なる)ものに近づこうと欲せども、大地を恋する肉体の欲求が優り
 それが実践できないことがある。
 その誤りを反省し、救いを求める気持ちが仏を生んだのである。
 
神なるものを真に知らねば、仏なるものも真に理解できない。
 仏には人間の至らない面への許しがあり、確かに救いがある。

      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金の神と仏と人間と

        稲穂黄金の未来の人類へ


 
● ユダヤの使命 = この大地に生きる@

 人間の内に2つの側面があることは述べた。
 この2つは以下の面を

  天に連なる霊性    人間は霊的な存在であることを忘れない
  
大地を恋する肉体  この世界に生きていることを忘れない


 天なる霊性と大地を恋する肉体との葛藤。
 人間とは確かにこの葛藤を持ちながら生きてはいる。

 この2つの側面の内の、大地を恋する肉体の役割を背負った者達がいる。
 それこそがユダヤである。
 ユダヤは大地を恋する肉体、つまりこの大地においては人間は活き活きと
 生きていくのだという使命を担ったのだ。

 ユダヤにとっての世界とは
この世界だけである。
 この大地こそが彼らの世界であり、絶対神から彼らへの贈り物なのである。
 死後の世界すらユダヤにおいては興味の対象にならない。
 ただこの世界、この世界こそがユダヤにおいての世界である。
 およそ宗教と名乗る中で死後の世界について語ることがないのはユダヤの教え
 ぐらいなものである。
 
ユダヤにとってこの生の世界こそが唯一の世界である。

      動画           テキスト


 
● ユダヤの使命 = この大地に生きるA

 人類の中で、大地に生きる使命を担ったユダヤ人。
 だからこそ彼らはどこまでもこの世界に固執する。
 ユダヤの教えにはこの世界を超えた永遠なるものの姿などには興味がない。
 ユダヤにとっては死後の世界などないのだ。

 この世界こそが彼らの世界である。
 その為、ユダヤの教えもどこまでもこの世界に固執する。
 人間が大地で生きる意味を強調しすぎるあまり、ユダヤにとってはこの大地こそ
 が全てになってしまった。

      動画           テキスト


 
● 神の意図を述べ始めたユダヤ人

 ユダヤ人は、知性の存在を重んじる。
 それは単に知性を重んじるという意味以上を含む。
 この世界には
絶対者の意図が存在するとユダヤ人は考える。
 この絶対者の意図、つまり絶対者の知性を第一に考えるようになった。

 大地を恋する肉体をもってこの世界を生きると当初の思想から徐々にはずれて
 肉体に宿る知性こそにもっとも価値を見出したのだ。
 だからこそ、その知性の完成系としての絶対者なるものの知性に最大限の
 価値を見出すようになったのだ。
 ここに神の意図を述べるユダヤ人が登場したのだ。

      動画           テキスト


 
● ユダヤはなるべくして現代のユダヤになった

 確かに人間は天に通じる霊性を宿し、大地を恋する肉体を持つ。
 だからこそ人間は第一に霊性、つまり上なるものを尊ばなければならない。
 
 だがユダヤは
天なる霊性に価値を置くことではなく、それとは反対に
 
大地を肯定することが彼らの役割であった。

 人類がこの大地に生きる意味をユダヤは率先して示す必要があったのだ。
 その為、彼らの思想はどこまでもこの世界を肯定し、この世界こそが彼らの
 全世界となっている。 
  ユダヤにあっては死後の世界は想定できない。
 彼らにとって
生あるこの世界こそが世界なのである。
 これゆえ、ユダヤが教えがこの世界を肯定しているのもなるべくしてなった。

      動画           テキスト


 ● ユダヤ通るところ迷妄と愚鈍の花が咲く

 地上のみを世界と断定し、この世界こそが絶対神がもたらした世界とまで
 認識するようになったユダヤ人。
 肉体を必須の前提にもつ知性に価値を見出し、神の意図を語るユダヤ人。

 この思想を宿す
ユダヤ人が通るところ迷妄と愚鈍の花が咲いた。

 ユダヤ的世界観に最初に取り込まれるものこそ迷妄と愚鈍な者達である。
 真に考えることはせずに盲信する人々である。
 そして人間のほとんど全ては愚鈍と迷妄の中にいる。
 だからこそユダヤが通った場所には迷妄と愚鈍の花が咲き誇るのだ。
 
 ヨーロッパにおいては宗教裁判や異端裁判、そして魔女狩りである。
 アラブにはおいては原理主義者の登場である。
 中国においては共産党の登場であり、ロシアにとっては社会主義の登場である。
 
 この他、神の意図を語る者、絶対理性や絶対精神を語る学者などが雨後の
 筍のごとくに現れた。

      動画           テキスト


 
● 知性の存在をもっとも大切に考えるユダヤ

 ユダヤ人は教育熱心で知られる。
 多くの優れた者達を輩出していることでも知れられる。
 別に教育熱心なのは構わない。良いことである。

 しかしそんなに簡単な話ではない。
 問題は知性を大事にすることではなく、何よりも知性が大事だと思い込んで
 いることにある。
  ユダヤ人にとって知性は、他のあらゆるものよりも大切なものだと強烈に
 信じていることが問題なのである。
 知性、つまり神の意図を第一に掲げる者達には必然の帰結であった。

 この世界は神の計画によってもたらされたと信じるユダヤ人。
 ユダヤ人は神の意図をもっとも重んじる。
 さらにその神はユダヤ人にとっては絶対の神である。
 ユダヤ人にとって人間の知性の向上は、その神の意図を少しでも理解し、
 近づくことを意味している。ユダヤ人が勉強熱心な一番の理由はそこにある。

      動画           テキスト


 
● 慈悲よりも知性をとるユダヤ

  だが知性を重んじるユダヤは時に行き過ぎる。
  慈悲よりも知性を重んじることが起こるのだ。

      
知性  慈悲

 ユダヤ教においては何よりも、神の意図が重要である。
 神の意図、つまり聖書の重要性を生まれた頃から何度も言い聞かせられる。

 聖書の中で、でてくるユダヤ人の象徴的な様は、まさに人間の慈悲よりも
 神の声を忠実に聞けというものだ。
 聖書の中で何度もそのことをユダヤ人に教えるのだ

 神の意図に従って、アブラハムは息子のイサクを生贄に捧げ、殺そうとした。
 もちろんその寸前で神の命によりストップがかかるのだが、我が子の情より
 と神の意図を天秤にかけたこの行為は、ユダヤ人を神の命ならば情よりも
 優先することを決定づけた。

      動画           テキスト


 ● ユダヤ的世界観に取り付かれた者達の残虐さ

 ユダヤ的世界観の恐ろしさは、それに触れたことのない人々が住む地域に
 入り込んできたときに起こる。
 ユダヤ的世界観は迷妄と愚鈍の輩を捉えて離さない。
 ユダヤ人でない人々で迷妄と愚鈍の輩がユダヤ的世界観に触れると、
 その頭を占領されて、迷妄と愚鈍が残虐へと変化する。

 中世ヨーロッパにおいてキリスト教にユダヤ的世界観が流入した。
 ユダヤ的世界観が入り込んだ宗教は暴走する。

 中世から近代にかけて真理を探求しようという萌芽が生まれつつあった。
 だがそれらの者達にことごとくキリスト教が襲い掛かった。
 激しい弾圧が彼らを襲った。

 16世紀を代表する探求者のジョルダーノ・ブルーノは火炙りにされ殺された。
 同じく誠実な探求者バニーニは舌を抜かれた上で、火炙りで殺された。
 コペルニクス、ガリレオ・ガリレイは異端尋問にかけられて思想を撤回
 しなけえれば命の保証がなかった。
  彼らが書き残した本の多くも焼かれた。

 知性、つまり神の意図を第一に掲げるユダヤ的世界観に占領された者達は
 時に恐ろしいまでに無慈悲になるのだ。そして残虐へと変化する。

      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金の未来の哲学者へ



 
● 思想の為に友を殺す者達

 近代の共産主義者や社会主義者が神の意図ならぬ、理想の国家の為
 ならば犠牲を厭わなかった。
 それにより多くの国民が血を流し涙を流した。
 多くの虐待や虐殺、秘密警察による取り締まりや、拉致・監禁が社会主義国家
 や共産主義国家では絶えなかった。
 彼らは己の思想の為なら友を殺す者達からだ。

 社会主義革命や共産主義革命などの関わった者達の残虐非道ぶり。
 社会主義や共産主義国家を運営した者達の冷酷非道ぶりを人類は忘れては
 ならない。

 社会主義や共産主義に関わった者達の多くが、イデオロギー、つまり主義主張
 の為なら、いくらでも同胞を傷つけ殺すのだ。
 なぜなら、それが絶対者の意図だと、彼らは心底で信じているからだ。
 共産主義や社会主義の思想に賛同する者達の頭の中にはユダヤ的世界観が
 宿っている。

 この世界を創造した絶対者の意向を実現する為には、その過程でどれだけ人を
 傷つけても殺しても問題ない。
 なんせ絶対者だからそこらへんはうまく調整してくれるよって!
 というとんでもない意識が彼らの頭に浮かびあがってくるのだ。

 仮に彼らの理想を遮りとめようとする人々は、絶対者の意向に反対する悪魔
 なのだというぐらいに認識し始める。
  ここに中世、近代にかけてヨーロッパで流行した魔女狩りを見るのだ。
 共産主義者や社会主義者が、勤勉な知識人をつるし上げたあの姿こそ
 まさに現代の魔女狩りであった。

      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金の浅はかなる者達



 
● ユダヤ的世界観に免疫を持つユダヤ人

 ユダヤ人はユダヤ的世界観に免疫を持つ。
 ユダヤ的世界観が入り込んだ宗教は暴走する。
 キリスト教徒は、ユダヤ的世界観に洗脳され、考えることをやめた。
 確かにユダヤ的世界観が入り込んだ宗教の信者は暴走する。

 だが当のユダヤ人たちは暴走しない。
 というのも、彼ら
ユダヤ人達は、ユダヤの教えには免疫をもつ

 2つの理由がある。
 1つは
歴史が彼らを慎重にさせている点である。
 1つは
彼らが霊的に優れている点である。

 ユダヤの教えが危険なのは、ユダヤ人以外の民族、人々に対してである。
 ユダヤ人は霊的である。そしてユダヤの教えと学んでも通常ユダヤ人以外が
 学び受け取るのとは、違った受け止め方をしている。

 耐性があるといっても良い。 またユダヤ人は霊的である。
 だがユダヤ人以外にユダヤの教えが入り込むと暴走する。
 宗教裁判、魔女狩り、科学者の弾圧。
 それを平然と行う者達がユダヤ的世界観にとらわれたキリスト教徒である。
 ユダヤ人はユダヤの教えをその通りに受け入れない。

      動画           テキスト


 
● 初期のユダヤも影響を受けた@

 ユダヤ人の初期の段階においては、ユダヤ的世界観に触れて残虐な行為へと
 走った。当のユダヤ人もユダヤの教えに免疫が少なかったからだ。
 ユダヤ人は古代において虐殺な行為をたびたび行った。
 神の命令の遂行する為ならば、どこまでも残虐になったというのが正確である。

 聖書に詳細に記載されている。ユダヤ人の他民族に対する残虐非道ぶりは
 旧約聖書の中に詳細に書かれている。

 ユダヤ人の娘と相思相愛になった他民族の若い青年。
 異教徒との交わりを禁じていたユダヤの人々にとっては、その恋愛は、神との
 約束を破る許しがたいことであった。 
 青年はユダヤの娘とどうしても一緒になりたかった。
 彼の父親もそれを応援した。

 青年は決意した。ユダヤの神を祭り、ユダヤ教に改宗することを。
 その決意を知った父親もユダヤの教えに改宗するといってくれた。
 さらには父親は一族の全ての者を説得してユダヤへ改宗しても良いという許可
 を取り付けた。全ては自分の息子とユダヤの娘の幸せを願っての事であった。

 これを聞いたユダヤの者達は、それを承諾した。
 そして青年の家族、一族を招いて祝宴を催すといって招待した。
 だがそこから恐ろしいことが起こる。ユダヤの者達は決してこの青年とその一族
 を許すことはなかった。
 彼らを油断させて、一族もろとも残酷にも虐殺したのである。
 ユダヤ人にとっては、神との約束を汚されたことが何よりも許せなかった。
 一生懸命、息子とユダヤの娘の将来を案じた人々の思いは踏みにじられた。
 これらの残虐行為を実行したユダヤ人にはまさに悪魔が住み着いていた。

      動画           テキスト


 
● 初期のユダヤも影響を受けたA

 人々が平和に仲良く暮らしている国があった。
 あるとき1人のユダヤ人がその国を指差してこう述べた。
 あの領土、あの場所は、本来は我々ユダヤのものであると。

 あの領土を取り戻すためにユダヤは武器を取った。
 そういってそこに住んでいた人達を殺した。その地に住む人々も勇敢に自分
 の領土(国)を守った。
  その戦いにユダヤの氏神ヤハウェも参戦した。
 ユダヤに加勢して、そこに住む善良な人々に大きな岩や石を空から降らせ
 多くの人々を殺した。
 そこに住んでいて善良な領主(王様)は、縛り首にして、皆で石を投げつけ
 唾を吐き辱めた。
 盗人猛々しいとはまさにこのことである。
 神の命のままに、人を人とも思わないユダヤの諸行の数々が旧約聖書に
 詳細に描かれている。

      動画           テキスト


 
● 仏教とユダヤ教の影響の差異

 知性をもっとも優先するユダヤ。
 この
ユダヤの思想が広まると何が起こるだろうか?

 知性が劣ったものへの
侮蔑であり、
 知性が優れていることに対する
優越感である。

 ヨーロッパにユダヤ的世界観が静かに広がるについて、産業革命、近代科学
 を発展させた我々白人は、どの民族よりも真に優れているという傲慢さが
 あちこちから生まれ始めた。

 そして有色人種を見下し、挙句の果てには
 
白人黄色人種黒色人種動物 の順位付けを行うようになった。

 また人間よりも知性が遥かに劣る動物に対しては、道具のごとくに酷使する
 のは当然の権利のように考え、時に虐待の対象にもした。
 それゆえヨーロッパにおいて動物愛護団体が作られたのだ。

 これとは反対に仏教の思想が広まっていたアジアにおいては動物虐待など
 というのは見られなかった。
 仮にそういうことをする人間がいたならば、それは人間としてもっとも劣った
 部類の者として軽蔑の対象であった。

 仏教は
知性ではなく意志を重んじる。

 生きとし生けるものの奥に意志が備わる。
 だからこそ仏教では
生きとし生けるものに慈悲の心を向ける。
 釈尊の指先に小鳥が止まり、小動物が彼の周りを囲むのもそれゆえである。

      動画           テキスト


 
● ヨーロッパの動物虐待と捕鯨反対運動

 ユダヤの影響は甚大でその影響は現代にも広がっている。
 近代の白人の傲慢さはもちろんのこと、現代においてもイルカや鯨などの
 比較的高い知性を有する動物に対する保護活動にもそれが見られる。

 知性が高いものはそれだけ神に近づいていると考えるユダヤ的世界観が
 彼らの頭の中にこびりついているのだ。

 この世界の絶対者は誰よりも知性が優れていると考え、人間はそれについで
 優れていると考え、そして次に動物が続くが、その中でも知性が高いものが
 それに続くのだと考えるのだ。

 もちろん動物全体に対する愛ならば彼らの主張もわかるが、捕鯨反対に
 見られる行動の奥にはユダヤ的世界観が脈々と潜んでいる。
 
 特にそれが顕著に見られるのが目的の為なら手段を選ばないことにある。
 調査捕鯨船に対する反対運動の時に見せる執拗で危険を顧みない攻撃、
 反捕鯨を掲げる彼らはそれが正しいことだと信じきっており、そのことは
 別に問わないが、だがその目的の為なら何をしても良いんだ信念が
 凶暴な行動の中に現れている。
 
 これは実は怖いことである。
 なぜならば彼らが信じる事が中世のキリスト教指導者と同様に絶対神の言葉
 であったならば、同じように当時の科学者を弾圧し、時に虐殺も実行した
 キリスト教指導者層となんら変わりがないからだ。

      動画           テキスト


 
● イエスの言葉

 ユダヤ人であるイエスは、なによりもユダヤ人の欠点を理解していた。
 
 人々に慈悲を施すよりも、神の計画を優先するユダヤ人。
 時に、冷酷なまでにそれに忠実であるユダヤ。

 だから、ユダヤの中からイエスが生まれたのだ。
 ユダヤの人々にこそイエスはもたらされた。
 ユダヤにはまさにイエス・キリストの言葉こそが必要である。

 イエスは『 理想の国家の為に、未来を夢見よ! 』などと
 一言でも言ったことがあるだろうか?

 否である。イエスはそんなことは言わない。
 静かにこう述べた。
『 あなたの隣人を愛しなさい 』と。

      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金のイエス・キリスト

        稲穂黄金の釈尊


 
● 選ばれし民=ユダヤ@

 数々の残虐行為。
 ユダヤ的世界観が、他の地域の人々に呼び起こした残虐な行為の数々。
 またその反動によるユダヤ人自身への他民族からの侮蔑、差別、攻撃。

 
ユダヤが通るところ混乱と争いの血が流れた
 またユダヤ人自身も多くの血を流した。
 多くの混乱と騒乱を各地に引き起こしてきたユダヤ人。
 しかし、それでも彼らユダヤは、確かに
選ばれし民である。

 そもそも神々は、これらの未来に起こる経緯を何もかも知悉していた。
 この地上において、大地を肯定する考えを貫くことの危険性を理解していた。
 
 人間が大地に負けない為に大地を肯定する考えを述べることは良いとしても、
 いったい誰にその役目を与えるべきかを神は迷ったに違いない。

 天に連なる霊性を述べる者達には祝福が降りるだろうが、大地を肯定する者達
 には、様々な苦難と悲劇が、訪れることを神々は見抜いていた。
 どの部族、民族にその役割を担わせるかに神々も多いに迷ったに違いない。
 
 その時、ユダヤの
氏神ヤハウェ(=エホバが手を上げた。
 ”
私の愛すべきユダヤの民にその役割を与えてください!” 
 とヤハウェの神は進言した。神々にざわめきが走った。

 なぜなら、その役割にもっとも適さないの民がユダヤの民であることを、全ての
 神々が理解していたからだ。
 ユダヤの民こそ天に連なる霊性を体現する民族の最有力候補であった。
 確かに、ユダヤの民は、あらゆる民の中で霊的に優れた民族の1つであった。

      動画           テキスト


 
● 選ばれし民=ユダヤA

 天の神々は知っていた。
 大地を肯定する考えは、いずれユートピア論を生むことを。
 それらの人々の間から慈悲よりも知性を重要視して多くの残虐な行為を
 もたらし、多くの罪を作ってしまうことを。
  思想や主義主張の為に、人間が多くの同胞を殺してしまうことを。
 地上では迷妄と愚鈍の輩がはびこり、永遠なるものを求める優れて人々を
 弾圧し、芸術や学問が力を失ってしまうことを。

 大地を肯定することを述べた民族は、その混乱を引き起こした責任を結果的に
 人間の目に捉えられない因果によって、こうむることを知っていた。
 ユダヤの氏神ヤハウェも、そのような事態になることを覚悟していた。

 彼の愛すべきユダヤの民にその役割を持たせることは、氏神ヤハウェにとって
 も重い決断であった。
 だがヤハウェの神はユダヤの民の霊的な面に期待もしていた。

 大地を肯定しすぎるユダヤ的世界観が世界に広がれば、この大地に多くの混乱
 と残虐さがあれふ、天に連なる霊性を人間は忘れて、その繋がりを弱める事を
 氏神ヤハウェは、誰よりも理解していた。

      動画           テキスト


 
● ユダヤの氏神ヤハウェはだからこそ禁止した

 ユダヤの氏神ヤハウェは、ユダヤ人が他の民族と交流することを禁止した。
 ヤハウェはユダヤの思想が、他の民族が触れぬよう細心の注意を払った。

 何度も人を使い、ユダヤの民に異民族と交わらないことを忠告した。

 ユダヤ人でないものがユダヤ的世界観に触れた場合、知性絶対論者や
 唯物論者、はたまた共産主義者と生み出してしまうことをヤハウェは誰より
 も理解していた。
 これらの者達がどれほど地上を荒らしてしまうことをヤハウェは理解していた。

  ユダヤ人以外のものがユダヤ的世界観に触れることは危険であり
 その地域が多くの揺さぶりをかけられる。
 特に迷妄と愚鈍の輩の頭には、直ぐに入り込んだ。
 さらに人類の大部分は迷妄と愚鈍の内にあるのだ。

      動画           テキスト


 
● 日本とユダヤ

 大地を肯定する姿を体現する役割はユダヤの民に決定したが、
 それでは、天に連なる霊性の役割はどの民族が担ったか?

 それが
日本である。日の本(秘の本)の民である。
 神々は、天に連なる霊性の体現者の役割を日本の民に担わせることにした。

  
大地を肯定する役割        =  ユダヤの民
  
天に連なる霊性を忘れない役割  =  日本の民

 もちろんこの2つの民族が特別というわけではない。
 ただの象徴的な役割である。
 世界中のどの民族であれ同じ人間であり、人間は霊的な存在である。
 人間は大地を恋する肉体を有し、天に連なる霊性を持つ。
 人間はどこに生まれようが、身分がどうあろうがその点ではまったく同じである。
 象徴的な役割を担ったのがユダヤと日本という点に過ぎない。

 天に連なる霊性を語る思想からは、秘められた部分が見られるようになった。
 それは確かに目に見えるものではなかった。
 日本において密教や、また神道が盛んになり、古来より日本は秘めたる国
 になった。この日本に生まれた子らも日御子(秘め巫女)である。

 古来の人々が崇拝した自然の奥に連なる霊性は、日本においては
 随神の道(神道)として、現代の日本にも脈々と続いている。

      動画           テキスト

      (*) 詳細は以下のサイトを参照。
        稲穂黄金の未来の日本へ



 
● ユダヤと唯物論、そして科学@

 大地を肯定する思想からは、当然のように唯物論が生まれた。
 この世界の物質に期待する唯物論
 唯物論の発達は、その物質を調査する科学を発展することに貢献した。

  
世界は神からの贈り物  大地の肯定  唯物論  科学

 ユダヤが大地を肯定することで、確かに人間はこの世界に対処してきた。
 この世界を開拓し、大地を改良して様々な商品、製品を生んできた。
  それを後押しする科学も発達させることになった。

 時に真理を探究する科学者が、ユダヤ的世界観とぶつかることもあった。
 科学はこの時代より科学自身の道を歩み始めた。
 科学の成果が、聖書の中で語る科学的知識を大きく超え始めた為である。
 現代のキリスト教も、あえて科学に対して語ることは少なくなった。

      動画           テキスト


 ● ユダヤと唯物論、そして科学A

 確かにユダヤが通るところ、物質を土台にする唯物論が広がった。
 物質をこの世界の基礎に思いたい連中の多くが、これまた物質の作用を
 研究し、それが間接的に科学を発達させた面も無視はできない。
 科学の発展とユダヤ的世界観も、この点で無関係ではない。

 大地を肯定する彼らユダヤ人は確かにどこまでも人間にこの世界との開拓
 精神を与えたとも言える。彼らユダヤ人こそ、この大地のみで生き、だからこそ
 どこまでもこの大地に執着もしたし、利用もした。

      動画           テキスト


 
● 原点回帰を迫られるユダヤ

 ユダヤ人には目覚めの時が迫っている。
 ユダヤには原点回帰が求められている。
 今後100年、200年かけてユダヤに、本来のユダヤのあり方が再び求められる
 ようになる。

 古代の多くのユダヤ人の以下のことを知っていた。
 本来、人間は天に連なる霊性を持ち、大地を愛する肉体を持つ。
 大地に多くの困難が降りかかれば、我々人間はこの大地を見捨てて
 神のみを求めたいと願う。

   なれどそうではない。この世界に神が求める世界を楽園を作るのだ。
 それは確かに多くの困難がある。この世界の現実は確かに甘くはない。
 また人間の中にも迷妄と愚かさが潜み、それがこの地上に多くの問題を起こす
 こともある。
 なれどユダヤなるものは、この地上で肉体を持ち楽園を築くことが必要である。
 もちろん天に連なる霊性を第一として、その次に肉体を優先することである。
 天を懐かしむことよりも、この地に天の神々の願う世界をもたらすこと。
 それがユダヤである。と
 
 しかし残念ながらユダヤ人は遠い昔に、天に通じる霊性よりも大地に恋する
 肉体を重んじるようになってしまった。つまり知性を重んじるようになったのだ。

      動画           テキスト


 
● 21世紀もユダヤの時代

 21世紀もユダヤの時代である。
 なぜならば迷妄と愚鈍のユダヤ的世界観に取り込まれる連中は後を絶たない。
 人類の大部分が迷妄と愚鈍の状態のままである。

 その意味で、21世紀もユダヤの時代である。
 歴史の中においてユダヤ的世界観に占領された時代は、人類に多大な悪影響
 と苦難を与えてきた。
 
  だがユダヤにとっては21世紀は正念場になる。
 世界中の迷妄と愚鈍の輩をとらえて離さないユダヤ的世界観であるが、
 ユダヤの内部では、迷妄と愚鈍から抜け出る人々が多く出てくるからだ。
  平凡な日常が続き、平安な時代が続けば続くほど、ゆっくりとではあるが
 真理を真に探究する学問が入り込んで、ユダヤ的世界観の矛盾に気づかざる
 得なくなる。

      動画           テキスト


 
● ユダヤの選択

 ユダヤはそのユダヤ的世界観を保持する代償に、数千年間、周辺の国々の
 人々から距離を置かれて見られてきた。

 ユダヤに隣接する人々もユダヤ的世界観の行き先には警告を怠らない。
 なぜなら愚鈍で迷妄なものは簡単に広がるからだ。
 人類の大多数は、迷妄と愚鈍の内にある。

 またユダヤの人々が、積極的に他の人々と交わろうとはしなかった。
 数千年前からそうであるように、ユダヤは今後も同じように有り続けるのか?
 彼らは、いつまでそれを続ければ満足するのだろうか?

 全世界の人々がユダヤのように変わるべきなのか?
 それともユダヤが全世界の人々のように変わるべきなのか?


      動画           テキスト






HOME ユダヤとは

日本とユダヤ

未来のユダヤ

ユダヤの欠点

プロフィール